ポーランド観光で事前に気をつけたい事!

こんにちは!

先日、初めてのヨーロッパ旅行で憧れのポーランドに行ってきました!ポーランドは歴史・文化・観光の盛んな国で、非常に美しい街並みを楽しむことができます。

私自身はショパンが大好きで、ワルシャワなどの彼のゆかりの地を巡る目的で行きました。ワルシャワではぜひショパンの演奏会に行ってくださいね。憧れの街で憧れたピアノを聴く。もう感涙です。

 

また、物価が安いのも特徴で、コストを低く抑えたい学生などの観光客にもおすすめの国です。


さて好きな国とはいえ、お酒のルールは?チップは?公衆トイレは?移動手段は?など、実際のところ知らないことだらけだったので、いくつかのWebサイトなどを見て予習して向かいました。
中でも実際にポーランドに居住されている方による「ポーランドなび-WITAM!-」http://witam-pl.com/2016/09/26/blog237/というサイトが非常にわかりやすく、充実していたのでぜひチェックしてみてください。


しかしながら、やはり何事にも準備不足やもっとこうしておけば良かったなぁ!と思う点はあるもので、今回もそんな点がいくつかありました。この経験を次にポーランドを訪れる方に活かしてほしいと思い、この記事を書きましたので、少しでも参考になればと思います。


①乗り換え案内アプリ「Jakdojade」は現地でダウンロードしよう

他の方のブログでも紹介されている、ポーランドにおける唯一の乗り換え案内アプリ「Jakdojade」。このアプリですが、国内でダウンロードする場合、AndroidGoogle Playであれば無料なところ、iPhoneApp Storeでは480円の課金制です。
私はこの課金を惜しみ、現地でブラウザページを使ってJakdojadeを閲覧しようとしていたのですが、ポーランド国内でApp Storeを開くと、なんとJakdojadeの無料版が公開されていたのです。使用してみたところ、企業の広告が少し放送される程度で、使い勝手に支障はありませんでした。


②「地球の歩き方/るるぶ」などのガイドブックは必携!

海外旅行の経験が少ない方の中には、コストを少しでも抑えるためにガイドブックを買わないという方も多いと思います。確かに、ガイドブックがなくてもWeb上のブログやサイトなどでかなりの情報を得ることができる便利な時代になりました。
ただ、そんな中だからこそ紙のガイドブックの重要性を伝えたいと思います。


Webサイトやまとめサイトとは異なり、ガイドブックではある都市における観光都市を非常に細かく網羅しているのが特徴です。
結果どのようなことがあるのかというと、本来の興味があった観光スポットを観ていると、ふと視点を逸らした先に、つまり少し行ったところに今まで興味のなかった観光スポットを見つけることがあるのです。
また、道案内をしてもらう際にも、現地の観光地の写真が詰まったガイドブックは有用性が高いです。大抵の観光地の項目には現地語での呼称もも書いてありますし、英語を話さないポーランドの方にもこれによって何度か助けてもらいました。
あとは、電波など場所を選ばず、複数人で共用できるという点で非常におすすめです。


ポーランドへ観光にむかう日本人はまだまだあまり多くありません。「るるぶ」や「まっぷる」のような手軽な値段で行程を考えられる旅行雑誌はなく、あるといえば「地球の歩き方」です。それもチェコ・スロヴァキアとの合併版のみ。おまけに価格は1,700円程度と少しお高い。

私自身、高校時代の教科書を思わせるこの本の装丁にあまり馴染みが持てず、購入には二の足を踏んでいましたが、出国直前のターミナルにおける書店で見つけた時には何かビビッと来るものがあり、勢いで購入しました。


旅行を終えた結果、購入して良かったなぁと思います。長いフライトの時間つぶしにもなりますし、現地での列車の移動中にはポーランド人と本を覗き込んでお互いの言語について語り合ったりしたものです。場所や時間を選ばすに開けるポーランドの辞書をカバンに入れておいたのは非常に心強かったです。


③現地の言葉は要予習!

ポーランドでは、若い人は幼少期からポーランド語と並行して英語を勉強するため、流暢な英語を話す方が多いですが、壮年以上の方には、英語を全く話さない方も多いです。そのため、道端やお店で質問したい時や少し田舎の地方に行った場合に英語が通じずコミュニケーションに困ることがあります。私自身はワルシャワからジェラゾヴァ・ヴォラへ向かう現地のローカルバスに乗っていた際に、「ジェラゾヴァ・ヴォラで降ろしてください」が言えずにもどかしい思いをしました。親切なおじさんが、横で「ジェラゾヴァ・ヴォラ」を繰り返す自分を見て察してくださり、運転手に掛け合ってくれたおかげでなんとかなりましたが、ポーランドにいるのにポーランド語に無知な自分を少し恥ずかしく感じました。


現地では、駅名もポーランド語のみで書かれていることが少なくなく、せめてアルファベットだけでも発音できるように予習しておけるといいですね。


ちなみに、おすすめの教材はまたも登場しますが、「地球の歩き方」です。アルファベットの読み方だけではなく、観光客向けの言い回しもパターン別にまとめてくれているのですぐに活用できます。


以上3点、自分の中で次にポーランドを訪れる方に活かせる経験をまとめてみました。
上で紹介したサイトと合わせて、ぜひ旅行を楽しんでくださいね!